What some of our users say

Osstell

利用者数人の声

オステルの技術は、1,300以上の科学的論文、当社のメソッドを支持する世界中の多くの歯科医師及び外科医による裏付けがあります。

Osstell [オステル]は、私のインプラント・プラクティスに係る必要不可欠な部分です。外科的補綴専門医として、私は各インプラントケース毎に使用し、インプラントの安定性を決定し文書化しています。 ISQ 数値は、各インプラントの読み込み準備が整ったことを知らせるための証明(科学に基づく)を提供しています。これには、直ちに修復されるのか又は遅れての修復かを含む情報を提供し、修復結果毎及び患者様毎の修復的結果の成功を達成する支援をしています


Scott D. Ganz, DMD Prosthodontics, Maxillofacial Prosthetics & Implant Dentistry

Osstell [オステル] は、患者のインプラントを荷重に係る的確な時間の識別において、私の個人的なガイドとなっています。又、インプラントの各ケースに対して使用しています。


Prof. Peter Moy

Osstell [オステル] の使用は、私のインプラント・プラクティスに重要です。毎年、このデバイスは、治癒が緩やかな患者様、又は極めて低い挿入トルクが配置される患者様が常に数人いるため、それだけに価値が大きいものです。 治癒の修復段階へ進むことが確かな際、私の予測能力を混乱させます。オステルは、十分な情報を得たうえで決定するための必要な定量的情報を私に与えてくれます。患者様のケアが遅い私ではもはやありませんが、 決定事項となる患者様の治癒について、客観的データーです。


Paul S. Rosen, DMD, MS, FACD

日々のプラクティスに置いて、私達はインプラントの安定性を監視するかわりのオステルを使用して以来、挿入トルクを測定することがありません。 非すプリンテッド・インプラントについては、私達は、機能的荷重を伴う補綴リハビリテーションの実施に、70以上の二番目のISQ値が必要です。 大部分のインプラント患者においては、これは早期の荷重プロトコルを可能とする、治癒に係る4週又は8週のいづれかになります。


Prof. Daniel Buser

比較可能な外科的及び装着前訓練のオステルの測定は、インプラントインテグレーションの状態に関する患者、外科医及び修復専門医間の責任の共有に対する効果的な基盤を提供します。チームが治療対象の補綴段階に入ると、インプラント・パフォーマンスデータは、現実的な予測に基づく結果に焦点を当てることを支援します。


George Mandelaris, DDS, MS & Alan L. Rosenfeld, DDS, FACD

外科専門医として、私は修復に係る同僚と密に仕事をしています。 即時または早期荷重が選択された場合、私はインプラントの安定性において正確さが必要です。Osstell [オステル] ISQ は私が安定性の明確な測定とする「数」を与えてくれます。荷重の機会が正確な場合、私は、理に叶う数値を出すことが出来る上、同じページ上で全てのチームメンバーがそれを保持することが可能です。私は、この技術を評価しており、臨床上の実践における全ての 応用を実証したばかりだと感じています。


Barry P. Levin, D.M.D